いつも胸ポケに

アジョシ

「アジョシ」っていうのは女性が年上の男性を呼ぶ際に用いる言葉ね。「おじさん」とか「お兄さん」とか「店員さん」とか、そういう意味よ。そのアジョシ役がウォンビン。質屋を経営しているのだけれども、ただの質屋のにーちゃんじゃない。知られざる過去がある。そこにちょくちょくやって来る少女。その少女のオカンが最悪やー。麻薬横流ししようとして、人身売買マフィアの逆鱗に触れて、オカンも少女もさらわれる。オカンは自業自得や。でも、少女は悪くない。そこでウォンビン扮するアジョシが立ち上がるのである。めちゃくちゃおもろいっす。めちゃくちゃカッコエエっす。傑作ですわ。